トイプードル

トイプードルは、あらゆる犬種の中でも極めて頭が良くて、明るい性質で知られています。

主人に忠実で人を怖がらず、感性が鋭いだけでなく、反応も良く、しつけてあげるとしっかりと学ぶことでしょう。

一般的にチワワと人が生活を共にしていくため、社会性をある程度教えなければいけないはずです。

ということは、子犬の早い時期からしつけを始めないといけないはずです。→犬しつけ首輪

たとえ、犬の噛む行為が親愛の印だろうが、人々と共に生きるんだったら、噛むのは危ない行為ですし、飼い主さんはきちんとしつけ訓練をしなければならないでしょう。

トイレのしつけ訓練は犬を飼う時から開始することもできるでしょう。

みなさんも今からでもおトイレのしつけ訓練の下準備をすることをお勧めします。

噛み癖を持つ犬のその理由を研究し、過去の失敗ばかりだったしつけを修正して、噛むクセをきちんと矯正してみるべきです。

時には、噛む犬のしつけをしていのに、噛まれたらという恐怖がある、というケースがあるでしょうし、反対にヒステリックになったり慌てて、ペットを叩いたことだってある人がいるかもしれません。

かわいらしいので、小さな犬のミニチュアダックスフンドの子犬を飼いだしたのだけれど、子犬のしつけ訓練はわからないというオーナーのことを何度も聞いてきています。

通常、チワワはおトイレのしつけは容易なほうです。

しかし、繊細な神経というところもあるみたいなので、しつけ当初はペットシーツを置く地点を何度も移動させたりしないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です