家族葬が拡大した理由

 

若い頃から長年の間、ひたすら葬儀屋に勤めるベテランの私に言わせると、現代社会に家族葬というかたちの葬儀があっという間に広がった社会的背景として、いくつかのハッキリした理由が考えられるのであります。

一昔前までの、故人様とは何の面識も関係もない赤の他人みたいな方々までこぞって会場に集まるような、必要以上に大げさな葬儀の規模。

やたら高い葬儀費用に対するご遺族様からの深い疑問や苦情、文句。

ご遺族様の家族構成や親類縁者、葬儀を出す当該地域との関係性の劇的な変化などなど。

こうしたご遺族様からの疑問の数々や社会背景の劇的な変化に付け加えまして、「故人様と特段に親しかった人だけで、故人様のあの世への旅立ちを静かに見送る」という新しいコンセプトも高く世間に評価され、「家族葬」という斬新な言葉の持つ温かいイメージも世間にスムーズに受け入れられたようですね。→葬儀屋吹田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です